キャンプへの想い①-なんでキャンプを仕事に?出会い編-


私、小針 望友紀(こばり みゆき)。ニックネームはみゆきちです(^^)
ryo5

私は、僕らの家の事務局担当をしています。
たくさんの方に支えられて、”キャンプ”をお仕事にさせてもらっています。

初めてお会いする方に、お仕事のことを良く質問していただくので、
なんでみゆきちがキャンプの仕事を始めたのか、そんなお話を書いてみようかな、
なんて思っています。

第一弾は、私のキャンプとの出逢いから。
キャンプに出逢って、感じたことや気付きは、今の自分にすごく大きな影響を与えてくれています。
自分が参加者として体験したことが、僕らの家のプログラムになっていることもとっても多いです。
ここがなかったら、今の自分はないもんなぁ。

シリーズ的になるのかどうか。笑
良ければ、お付き合いくださいませ。

キャンプとの出会いは大学2年生

1001024_645640905449175_347123658_n
私は大学2年生の時に、キャンプに出会いました。
それまでは、キャンプ経験なんてほぼゼロ!
身体を動かして遊ぶのは大好きだったけど、キャンプのことは全く知らない大学生でした。
大学2年生の夏、実習でキャンプをしたのが初めて。テントで寝袋で寝たのも初めて。
3泊4日、ずっと雨だったり、お風呂には4日間のうち1回しか入れなかったり、カレーのご飯は、芯が残っていてボリボリだったり、
いろんなことがあったけど、たくさん笑って、初めての経験にワクワクして、とにかく楽しかった思い出がいっぱい。
キャンプの楽しさに引き込まれる、そんな出逢いになりました!

キャンプで出逢った大人たちの魅力

IMG_9544
キャンプ実習で、インストラクターとして来てくれていた大人たちを、めっちゃかっこ良い!、と思いました。
みんなキラキラしていて、楽しそうで、今この瞬間を、自分を生きている。そんな姿を魅せてくれた大人たち。
今ままで出会ってきた大人とは明らかに違う!そんな衝撃を感じさせてくれる人がたくさんいました。
キャンプをして一緒に過ごして、私もこんな大人になりたい、かっちょいい大人になりたい。そう思うようになりました。
野外(キャンプ)の世界で活躍している方は、キャンプの技術云々がすごいのももちろんですが、”人”としてすごく魅力的な人が多いんです。
そんな人達の背中を追いかけたいと思うようになっていきます。
大学3年生の冬頃には、だんだんとキャンプを仕事にしたいな、と思うようになりました。

僕らの家との出逢い

1610086_385428211599295_4867153779199409875_n
僕らの家とも、大学3年生の秋に出会いました。
たくさんの方に出逢い、いろんな生き方や大人の姿を魅せてくれたのは、僕らの家という場所。
こんな生き方があるんだな。こんな仕事があるんだな。自分の世界がブワーーーーっと広がっていきました。
これもまた、自分の中ではすごく大きな衝撃でした!

そして、僕らの家は、
『自分』というものを、これでもか!というくらい思いっきり出せた場所。
たくさん素敵な仲間に出逢えた場所。ちょっと落ち込んだ時、元気をたっぷりとチャージさせてもらった場所。
自分のかけがえのない宝物がたくさん増えた場所。僕らの家に出逢って約5年。本当に出逢えて良かった。感謝感謝。

1年間の先生を経て、キャンプの仕事をしようと決意

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
キャンプの仕事をしようか、もともとやりたかった先生になろうか、
決めきれずに迷っていたら、あれよあれよと大学4年生の冬に。

ご縁があって、大学卒業後は、一度小学校の先生になりました。
毎日子どもたちと一緒に過ごすのは、本当に楽しかった(^^)
ただ、自分の本当にやりたいことはココにあるのかな?という疑問もありました。
正直、『先生』という枠にはまった自分が嫌になる時もありました。
職場では、上手く自分を出せないことに悩んでいたこともありました。
休みの日、僕らの家に遊びに行くとすごく元気になって
『明日も仕事がんばろう!』、と元気をもらうこともとても多かったです。

実際、先生をやってみて、
『やっぱりキャンプのお仕事がしたい!』と強く思うようになりました。

学生の頃は決意ができなかったキャンプのお仕事。
先生をやったからこそ、決心ができたんだと思います。
先生という経験も、私にとってはとても大事なもの。
これがなかったら、きっとキャンプを仕事にはできていなかったと思います。

キャンプと出逢って、そして今。

・たくさんの人がキャンプの楽しみを知ってくれたら良いな。
・自然の中に出かけていくことを通して、人との出逢いを通して、来てくれた人の心が元気になったら良いな。
・自分がワクワクした体験を、たくさんの人に伝えていきたいな。

今、僕らの家でキャンプをしている中で、想いの根っこはここにあると思います。

自分がキャンプに出逢って、僕らの家に出逢って、たくさんのギフトをもらいました。

自分が体験させてもらったこと、感じたこと、学んだこと、
そして、その上で自分の中にある想い。

たくさんのものを乗っけて、
キャンプの企画から当日の運営まで関わらせてもらっています。

いつでも、頭の中はキャンプでいっぱいです。(笑)
今の自分にとっては、すごくすごく幸せなこと。
大事な想い。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
拙い文章ですが、みゆきちのキャンプとの出逢い、知っていただけたでしょうか。
また、みゆきちのキャンプへの想い、書かせていただきたいと思います。
image (6)

Leave a Reply

CAPTCHA