初めてでも簡単・楽しい♪スノーシュー


初めての人でも簡単に初められる、スノーシュー♪

snowshoue

スノーシューって、どんなものかイメージができますか?スノーシューは、簡単にいうと、雪の上を歩きやすくしてくれるための道具です。靴よりも大きな、スリッパのようなものを靴に付けて雪の上を歩きます。普通の靴だとズボズボとはまってしまうような、フカフカの雪の上も、スイスイと歩けるようになります。歩くのに、特別な技術は必要ないので、初めての方も気軽に初められるウインタースポーツとして、今人気が高まっています。

スノーシューとは

スノーシュー
スノーシューは、「西洋かんじき」とも呼ばれている、雪の上を歩くための道具です。日本では、「かんじき」が雪の上を歩く伝統的な履物として、雪国では使われてきました。
靴よりも2回りくらい大きなスノーシューは、広い面積が浮力となり、フカフカの雪の上を沈まずに歩くことができます。
靴に、スノーシューを取り付けるだけで、すぐに歩くことができ、歩くのに特別な技術は必要ありません。スノーシューは、初めての人でも簡単に、しかも、子供からお年寄りまで、気軽に楽しめる雪あそびで、現在、人気が高まっています。
また、急な斜面が続く場所には不向きなため、平地をのんびりと歩くことに適しています。夏には踏み込むことのできないや小川や木々が生い茂る道も、雪に覆われる冬にはスノーシューを履いて行けば、スイスイ歩くことができるようになります。それほど激しいものではないので、体力に自信がたい方も、自分のペースで楽しむことができます。

楽しみ方

スノーシュー2
スノーシューの一番の楽しみは、雪原や雪に覆われた森の中を歩くこと。誰も踏み入れていない、新雪を見たら、思わず足跡を付けてみたくなると思います。夏は草が生い茂っている場所も、雪に覆われてしまうと、一面真っ白な世界へと変わっています。まっさらな雪の世界を見たら、思わず走りだしたくなること間違いなしです!
10991041_950493218297274_4844400963307481188_n
森歩きに加えて、雪のフールドでは、いろんな楽しみ方ができます。
・雪上に残った動物の足跡を探索する「アニマルトラッキング」
・雪でテーブルとイスを作っていただく「雪上ランチ」
・斜面を使って楽しむ「雪のすべり台」や「そり遊び」
・作り始めると意外とハマるかも?「雪像作り」
・子どもの頃を思い出し、白熱した戦いを楽しむ「雪合戦」
・やってみると思わず笑顔になっちゃう「フカフカの新雪へのダイブ」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
雪の上では、身体を思いっきり使って楽しめる遊びがたくさんあります!スノーシューと一緒に、雪遊びも楽しみましょう。

スノーシューの道具と服装

スノーシューに必要な服装と道具をお伝えします。
【道具】
■スノーシュー&ストック
これがないと始まらない!
ストックは、雪の上を歩く時にバランスをとるために使います。2本あるとよりバランスが取りやすくなります。
スノーシューとストックは、スノーシューができるフィールドの近くや、アウトドアショップでレンタルすることができます。
スノーシュースノーシュー3

【服装】
■アウターウウェア(一番外側)
レインウェア(防水性、耐久性のあるウェア)
スキーやスノーボードのウェアでも対応できます。
スノーシュー4

■ミドルレイヤー(中間着)
保湿力があり、熱を外に逃がしてくれるフリースがおすすめです。
ダウンジャケットは、保湿力が高く、熱がこもってしまい、汗をかきやすくなってしまうのであまり適しません。
スノーシュー5

※休憩時の防寒対策として
休憩のときなど、身体を動かしていないとすぐに身体が冷えてしまいます。休憩時の防寒対策として、薄手のダウンジャケットをカバンの中に入れておくと良いです。
スノーシュー6

■インナーウェア
一番下には、速乾性のあるポリエステルなどの化学繊維のものをおすすめします。スノーシューは、暖かい格好をして歩くので、すぐに身体が暖かくなってきます。汗をかいてもすぐに乾くので、身体を冷やすことがなく、快適に過ごせます。綿素材のものは、汗をかくと乾きにくく、身体を冷やしてしまうので、オススメしません。
下は、厚手のタイツなどをはくと良いと思います。
スノーシュー7

【小物】
■帽子
耳まで覆えるニット帽が良いです。頭からもどんどん体温が奪われていってしまうので、必ずかぶるようにしましょう。
スノーシュー8
■手袋
スキーやスノーボード用のものが良いです。雪が染みてこないものをご用意ください。
スノーシュー9

■サングラス・ゴーグル
晴れている日は、太陽の光が雪に反射して、とてもまぶしいです。長い時間、光を浴び続けると雪目になってしまいます。目を保護するために、サングラスなどは必ずかけるようにしましょう。
スノーシュー10

■ネックウォーマー
首からどんどん体温が奪われてしまうので、寒い場合は、ネックウォーマーで首を温めると良いです。歩いている時、暑いようなら簡単に外すことができるので、便利なアイテムです。
スノーシュー11

■スノーブーツ
防水性・防寒性の高いスノーブーツが適しています。長靴は、防寒性がなく足がどんどん冷えていってしまうので、長時間の雪の中では適しません。スノーブーツがない場合は、ハイカットの登山靴でも代用できます。
スノーシュー12
■登山用スパッツ
靴の隙間から雪が入って来るのを防ぐのに便利なのがスパッツです。登山靴の時には、特にあると良いです。
スノーシュー14

まずは、ガイドをお願いするのがおすすめ

スノーシューはやってみたいけど、どんな場所に行ったら良いか、いきなりスノーシューを買うのはちょっと。という方もご安心ください。スノーシューができるフィールドでは、スノーシューのレンタルができる場所が多いです。また、そのフィールドに詳しいガイドさんがついてくれるプランもあります。まずは、経験豊富なガイドさんと一緒に、スノーシューを体験してみるのがおすすめです。

スノーシューは、初心者でも簡単に楽しむことができる冬の遊び。場所ごとに、それぞれ魅力があり、見どころも違うので、ぜひいろんな場所へ出かけていってほしいです。日本でも、最近人気が出てきたスノーシュー。これから、人気のアクティビティになること間違いなしです!ぜひ、今年の冬デビューしてみてはいかがですか。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Leave a Reply

CAPTCHA