【3月スタート!】里山時間で体験できる田んぼのお仕事-その1-


里山時間でどんなことするの??

003
2016年3月~ 僕らの家で新しくスタートする【2016年米作りプロジェクト『里山時間』】

全部で6回のキャンプを通して、土づくり~お米の収穫、そして自分たちで作ったお米をいただくところまで、お米作りの一連の流れを体験していきます。

自分たちで作る『僕らの家米』。

みんなで時間と手間をかけ、協力して作ったお米は、いつも食べるものよりも、何倍もおいしいこと間違いなしです!!
そして、一緒に汗をかきながら、協力していく仲間とは、これからも繋がりのできる関係になっていくと思います。

もっと知りたい!田んぼのお仕事

よく質問をいただくのが、『それぞれの回で、具体的にどんなことをするの?』ということ。
【田んぼのお仕事(作業)】と聞いても、いまいちイメージがわきませんよね。

『田植え?稲刈り?代表的なものは知っているけど、それ以外にはどんなものがあるんだろう。』
そんな疑問を持っている方も多いと思います。

今回は、各回の田んぼでのお仕事(作業)を詳しくお伝えしたいと思います(^^)!
どんなことができるのか、みなさんのイメージが膨らんだら嬉しいです。

第1回目『3月:はじまりのキャンプ-春、田植えの準備をしよう-』

田んぼ1
3/26(土)-27(日)開催の第1回目のキャンプ。ここから、私たちの田んぼライフがスタートします!全6回、一緒に過ごすメンバーとも、ここで初めまして。きっと、キャンプへの期待が高まっていると思います。

第1回目のキャンプでは、第2回目の5月の田植えに向けての準備をしていきます。

みんながお米を作る棚田は、傾斜地を段に区切って田んぼにしたところ。棚田の一番の問題は、「水漏れ」
土にできた穴や隙間があると、どんどんと水が抜けていってしまいます。これが平地にある田んぼと大きく違うところです。
また、キャンプを開催する鴨川の棚田は、雨が降らないと山からの水がほとんど来なくなってしまいます。
つまり「天水(雨水)」でしか、田んぼに水が供給できません。田んぼにとって、大事な水。この貴重な雨水を、しっかりとキープできるような田んぼを作っていく必要があります。
水が抜けない田んぼを作る、土作りが、田んぼのお仕事の第一歩、スタートです。

田んぼの土作りの行程は、1つひとつが大事な作業。

田んぼの土台作り、土作りには、いくつかの行程があります。どれも、田んぼを作っていう上での大事な作業。土作りがしっかり出来ていると、田植えがしやすくなったり、稲の発育がよりよくなったりと、良いことがたくさん。地道な作業だけど、みんなで協力してがんばっていきましょう。

■くろ切り
くろきり画像
田んぼと田んぼの間に土を盛り上げた仕切りのことを【畦】と呼びますが、キャンプをする鴨川の大山地区では、【畦】にことを【くろ】と呼ぶそうです。その、【くろ】の骨格を作る作業を『くろ切り』と呼びます。
「田んぼの境目はココですよ。」という境界線をつける作業です。

■くろたたき
12167343_929924780406754_702628866_n
土の中には、モグラや虫などの生物が住んでいます。その生き物たちが通ったあとは、穴があいてしまっています。目に見えない土の中には、意外と穴や隙間がたくさんあるんです。
【くろ】にその穴や隙間がある状態で、水を入れても、穴からどんどんと水が流れていってしまいます。それでは、田んぼに水がたまらなくなってしまい、稲が成長できません。そのため、ハンマーを使って上から土を叩いていき、穴をふさいでいきます。結構ハードな作業ですが、ストレス発散にもなるかも?(笑)

■水入れ
148776_436073696405898_1666162632_n
『くろ切り』『くろたたき』が終わったら、いよいよ田んぼに水を入れていきます。しっかりと穴は塞がれているでしょうか。水が抜けていないかどうか、確認をします。大事な確認作業。もしここで、水が抜けてしまっていたら、再度『くろたたき』をしていきます。
※写真はイメージです。もちろん、田んぼに全身入らなくても、大丈夫。(笑)

■くろ塗り
くろぬり
【くろ】の田んぼ側の壁に、水を含んだ泥で壁を作って整えていく作業が『くろ塗り』。田んぼはアート!壁塗り職人のように、きれいに塗っていきます。やってみると、結構難しい。でも、キレイに塗れた田んぼを見たら、きっと大満足すること間違いなしです。キレイに塗ることにハマってしまう人もいるかもしれません。

■しろかき
578257_436073276405940_1946880592_n
田んぼの、稲を植えるところを【しろ】と呼びます。田んぼの中にある小さな穴を、泥を細かくかき回していくことで埋めていきます。田んぼを平らにして、水が均等に張れるようにするための大事な作業です。

ここまでできればもう、田植えの準備はOKです!
次回は、第2回目のキャンプ、『田植え編』のお話をしたいと思います(^^)

▼キャンプが気になる!という方へ
全6回のプログラムの詳細はこちら

▼無料説明会開催中!より詳しいお話が聞きたい方へ
説明会の詳細はこちら

Leave a Reply

CAPTCHA