【3月スタート!】里山時間で体験できる田んぼのお仕事-その3-


里山時間でどんなことするの??

003
2016年3月~ 僕らの家で新しくスタートする【2016年米作りプロジェクト『里山時間』】

全部で6回のキャンプを通して、土づくり~お米の収穫、そして自分たちで作ったお米をいただくところまで、お米作りの一連の流れを体験していきます。

自分たちで作る『僕らの家米』。

みんなで時間と手間をかけ、協力して作ったお米は、いつも食べるものよりも、何倍もおいしいこと間違いなしです!!
そして、一緒に汗をかきながら、協力していく仲間とは、これからも繋がりのできる関係になっていくと思います。

もっと知りたい!田んぼのお仕事

よく質問をいただくのが、『それぞれの回で、具体的にどんなことをするの?』ということ。
【田んぼのお仕事(作業)】と聞いても、いまいちイメージがわきませんよね。

『田植え?稲刈り?代表的なものは知っているけど、それ以外にはどんなものがあるんだろう。』
そんな疑問を持っている方も多いと思います。

今回は、各回の田んぼでのお仕事(作業)を詳しくお伝えしたいと思います(^^)!
どんなことができるのか、みなさんのイメージが膨らんだら嬉しいです。

第3回目『6月:-稲の成長と千葉の自然を感じよう-』

6月田んぼ
6/18日(土)-19(日)に第3回目のキャンプを開催します。田植えをしてから1ヶ月ちょっと。さて、稲はどのくらい成長しているでしょうか。田植えでは、苗を3-4本植えていきます。見た目は、まだ草がちょろっと田んぼから顔を出している程度。それが1ヶ月後には、1つ1つの苗の束の本数が増え、太くなり、背丈も伸びているはずです。苗の成長を自分の目で、しっかりと見ることができるはずです。

地味な作業かも?草と向き合う時間。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
6月のお仕事は、『草との闘い』がテーマになってくると思います。田んぼの中に入り、稲の成長の邪魔をする雑草を取ったり、田んぼ周辺の草刈りをしていきます。『The 草との闘い』(笑) でも、間違って稲を取ったらダメですよ。(笑)がんばって草取りをして、稲の成長を助けてあげましょう。草取りや、草刈りも、お米作りには欠かすことができない大事な作業です。おいしいお米の道に繋がっているのです。

KIMG0404
草取り以外にも、もしかしたらイノシシ除けのフェンスの補修が必要になってくるかもしれません。私たちの大事な大事な稲がイノシシに倒されてしまってはショックです。人知れず、動物たちも訪れている田んぼ。時には、動物たちからお米を守る必要も出てきます。

でも、ちょっと疲れたら、草の上にごろーんとなって寝ちゃいましょう!楽しみながら、みんなのペースで作業を進めていきましょうね。ごろーんとなりながら、少しウトウトしちゃったりして。そんな時間もとっても気持ちが良いです。
IMG_8416
6月は、渡り鳥が日本にやってくる季節。田んぼの周りでも、さまざま鳥の声が聞こえてくると思います。代表的なのは、ホトトギス。「ホーホケキョ!」の声に、癒されるのではないでしょうか。田んぼには、キジもやってくることがあるようです。運が良ければ、田んぼでキジにも会うことができるかもしれません。

水がキレイな場所だからこそ出会えるホタル

hotaru
6月の時期は、ホタルが出てきます。ホタルが出てくるということは、水がキレイな証拠。田んぼの近くに、ホタルがたくさん出るポイントがあるので、そこにみんなでホタルを見に行きましょう。夜のしーんとした世界に、ホタルの光がぽわ~っと飛んでいる景色は、とっても幻想的です。言葉を忘れてしまうくらい、すごくきれいだと思います。

稲の成長と、田んぼの周辺の自然をたっぷりと感じられる第3回目のキャンプ。梅雨に入り、雨の多い時期かもしれませんが、田んぼの稲の成長には欠かすことができない、恵みの雨です。
もしかしたら、ちょっと雨への捉え方が変わるかも?
田んぼの変化をたっぷりと感じていきましょう。

次回は、夏まっさかり!第4回目のキャンプのお話です(^^)

▼田んぼのお仕事紹介シリーズ
第1回目
第2回目

▼キャンプが気になる!という方へ
全6回のプログラムの詳細はこちら

▼無料説明会開催中!より詳しいお話が聞きたい方へ
説明会の詳細はこちら

Leave a Reply

CAPTCHA