どう伝えるか


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日は、専門学生の合宿のお仕事に来ています。
2泊3日の2日目は、山へトレッキング。
山頂に行けば、富士山がとってもキレイに見える山です。

でも、今日は曇り。
登りの途中からモヤモヤっと辺りが白くなってきました。

山頂も案の定真っ白!!
富士山の姿はまったくなく、ちょっとがっかりな学生たち。
(写真は、今日のものではないけど、今日の山頂もこんな感じでした)

晴れると、こんな感じにキレイな景色(^^)
IMG_5222

やっぱり、がんばって登ったからには、キレイな景色を見たいですよね。

がんばって登った学生たちに、
「富士山見えなくて残念だねー」って声をかけることもできるけど、

「今、みんなは雲の中にいるんだよー」って違う視点を渡すこともできます。

そう声をかけると、少し元気な顔を見れました(^^)
「確かに、それも貴重な体験だ!」って言葉も出てきました。

関わり方、声のかけ方1つで、相手の受け取れるもの、感じるものは
だいぶ違うな~という気づきを得られた今日。

指導者として、自然の良さを伝えるひととして、
大事な視点をまた1つ得られることができました(^^)

楽しい中にも、1つでも多くの気づきを、おみやげを
持って帰って欲しいなって思います(*´∀`)

Leave a Reply

CAPTCHA