心に余白を。


頭の片隅で、ゆっくりと
『これからのことを考えたい』と思いつつ、
仕事に追われる毎日。

移動の電車で
考えようかと思いつつ、

疲れていて
そんな考える気力もなく、
寝るか、スマホをだらだら見てしまう。

Facebookの
タイムラインには、
誰かが『いいね』を押した
定かではない情報に不安な気持ちになる。

休みも
予定を詰め込み、

結局夜になって、
『あぁ、また考えられなかった』
と思いつつ、月日が過ぎてゆく。

詰め込み。詰め込みをしていると、
どんどん心に余白がなくなっていく。

心の余白がなくなっていくと、
本を読んでいても、頭に入ってこない。
考え事をしようとしても、頭が回らない。
誰かと話していても、「はぅあ。」と不安なことを思い出す。
とげとげした気持ちになり、ささいなことでイライラしてしまう。

そんなときは、
自然の中に行くのが良い。と思う。

不思議なもので、
深呼吸して散歩するだけで、心に余白ができる。

何もかも、
詰め込みすぎは良くない。

心に余白があるから、
入ってくるものがある。

いつも、
心に余白を残して
生活していたいもんだ。

昨日から
お休みいただいて、
三重県に来てます。
(今は岐阜県)

今朝は、
伊勢神宮の宇治橋の
日の出を拝んできました。

DSC_1128 blog

そのあと、
自然の中をさんぽ。
・・・とともに、食べ歩き(笑)

こうゆう時間なくては、ならぬですな。
心に余白、大事!

1 Response

  1. 夜船朝永

    愛媛の四国中央市在住の夜船です。トレッキングについて分かりやすい解説ありがとうございます。参考にして四季の魅力を自らの足で楽しんで見ますね。

Leave a Reply

CAPTCHA