トレッキングでキャンプで、アウトドアで大活躍のガスバーナー!


外でお湯が沸かしたい。少人数分の料理を作りたい。そんなときに大活躍するのが、シングルバーナーと呼ばれるアイテム。トレッキングの時にはメインに、そしてキャンプの時にはサブコンロとして、様々なアウトドアの場所で大活躍してくれます。山の頂上やキャンプやピクニックのちょっとした時に、温かい飲み物が飲めたり、ラーメンやスープを食べたりできたら良いですよね。ちょっと休憩の時に、ご飯と一緒に、温かいものがあると、お腹も心も満たされると感じる人も多いのではないでしょうか。何より私は、キャンプの時の朝のコーヒーや、山の頂上で食べるラーメンが大好きです!(笑)トレッキングの時もシングルバーナーを持って行って、頂上でお湯を沸かして、カップラーメンを食べたり、食後にコーヒーを飲んだりしています。もっとバーナーを使いこなす人は、材料を持って行って、頂上で調理などもしています。ガスタイプのバーナーは初心者の方でも扱いやすくおすすめです。今回は、トレッキングをもっと楽しみたい、温かい物が食べたい、飲みたいという時に大活躍するバーナーの紹介をしたいと思います。

こんなに使える!バーナー!

お湯を沸かす、インスタントラーメンなどのちょこっと料理に使う、こだわっていくと、もっと本格的な料理も作ることができます。また、チョコレートフォンデュやおしるこなどの簡単なおやつも作れます。自分の用途に合わせて、火力やサイズも選べます。また、ガスのタイプも大きく分けて2種類あります。自分のよく行くフィールドや使いたい場所をイメージして選ぶと良いと思います。
IMG_4115
※大きめの浅型鍋タイプのクッカーでポトフを。あらかじめ野菜を切って、ジップロックなどに入れて持っていけば、水、具材、調味料を入れていくだけで簡単にスープができちゃいます。

ガスの種類

【T型ガス、凸型ガス】
アウトドアショップなどによく売られている形のガスです。ガスの成分はイソブタンやプロパンガスなどを使っており、寒いところでも安定して使えるようになっています。低地でも使えるもの、また寒いとこでろも使えるところと種類を分けて売っていることが多いです。呼び名はメーカーごとに違っています。標高の高いところや寒いところで使いたい方は、火力が安定するT型ガスタイプの物をもっていると良いです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【N型ガス、ガスボンベ】
よく家庭にあるようなカセットコンロにセットできるガスのことです。成分は主にブタンガスを使用しています。こちらは、比較的安く、またスーパーなどでも手に入れることができます。ただし、寒いところでは火力が弱くなってしまったり、氷点下の場所などでは、火が付かないこともあります。暖かい場所や室内で使う方にはオススメです。
ba-na-

バーナーおすすめメーカー

■PRIMUS(プリムス)
スウェーデン生まれの野外用燃料器具の専門メーカーとして有名なPRIMUS。燃料器具メーカーとして長い歴史を持ち、世界中に愛好家も多いです。アムンゼンの南極大陸横断やヒラリーとテンジンのエベレスト登頂などに携行され、歴史的偉業を支えた実績もあります。私もPRIMUSのバーナーを使っています。定番メーカーの1つです。一体型(写真左)、分離型(写真右)など、様々なタイプがあり、種類も豊富です。
サイトはこちら
primus1primus
※出典プリムス

■Coleman(コールマン)
アウトドメーカーとしてテントやキャンプ道具で有名なColeman。サイズや収納性などバラエティー豊かなところが魅力です。自分の用途に合わせて選ぶことができます。
colemancoleman2
※出典コールマン

■snow peak(スノーピーク)
国内メーカーのsnow peak。国内だけでなく、世界からも認められているアウトドメーカーです。ユーザー目線で作られる商品はこだわりをもったものが多く、機能性、収納性に優れています。コンパクトかつパワフルな火力をもつバーナーは愛好家にはとても魅力的です。
サイトはこちら
snowpeaksnowpeak2

セットでほしいクッカー

鍋のような形のもの、フライパンタイプのもの、形も大きさも様々です。また、使用している素材もアルミやステンレス、チタンなどがあります。素材によって重さや強度が異なります。値段も異なってきますので、よく見て選んでみてください。クッカーは、大きさをいくつか持っておくと用途に合わせた使い方ができ、料理を楽しむことができます。またセットで買うと、重ねて収納もできるように作られているため、料理を楽しみたい方は、セットで買うことをオススメします。また、バーナーの大きさに合わせて選ぶことも大切です。クッカーが大きすぎて不安定…となってしまうと、使いにくくなってしまいます。
51PZldBVbiLcooker

ジェットボイルとは

クッカーとバーナーがセットになっているものです。バーナーは、-6度でも安定した火力を発揮するサーモレギュレートテクノロジーを搭載し、軽量かつ高出力を実現する性能をもっています。また、クッカーの底にあるフラックスリングが抜群の熱効率を実現。約2分30秒で500mlの水を沸騰させることができます。これはとても早いです。クッカー側面にはネオプレン製のカバーがついており、断熱性が高く、調理中でもクッカーを素手で扱うことができ、また熱が逃げにくくなっています。お湯を沸かすということに特化したタイプです。付属のゴトクを使用すれば、他のクッカーも使用することができますが、ジェットボイルの大きな特徴である熱伝導性は低くなります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マイ・バーナーを見つけるために

バーナーはとても便利な道具。持っていて損はないと思うくらい、いろいろな場所で大活躍してくれています。私はトレッキングの時には、必ずといっていいほど持っていきます。山の上で食べる温かい食べ物は、疲れていた身体をより元気にしてくれています!私は、大人数で使うことが多いので、クッカーも大きめのサイズ、山の上でも使うために火力が強いもの(出力3,600kcal/h)の物を使っています。使う場所、人数など、自分の用途に合わせてお気に入りの物を見つけてみてください。

Leave a Reply

CAPTCHA