クラウド連携型のメリット

直感的な人材管理ができる

クラウド型人材管理システムでは、社員の顔写真などで直感的に人材を管理することが出来ます。現場が人事情報を共有することで、抜擢や配置、評価などのスピードアップが図れます。同管理システムはクラウドサービスなので、簡単に導入できるのもメリットです。既存のシステムなどを変えることなく、人材管理の効率を高められます。また、社員の評価や移動の履歴を検索でき、スキル情報も管理できます。必要な情報をリアルタイムで把握すれば、マネジメントの質も高まります。さらに、社員のスキルや評価情報に関しては、顔写真付きの一覧表で迅速に把握できます。組織全体の配置バランスが分かるので、戦略的な配置や抜擢が可能になるのも強みです。

人材情報を共有できる

人材管理の基本は現場にあるので、人材情報を現場と共有することが大事です。クラウド型人材管理システムでは、給与計算や勤怠管理だけでなく、人材抜擢や配置まで含めた効率的なマネジメントが行えます。社員のスキルや配置がリアルタイムで把握でき、適材適所の管理ができます。組織が大きくなると、社員の顔が見えなくなりがちです。一方、クラウド型人材管理システムでは企業が有する人材情報を把握して、人事部や経営陣などで共有できます。それにより社員の適切な抜擢や配置、そして評価につなげられます。管理画面もシンプルなデザインになっており、顔写真付きインターフェイスで簡単に操作できます。それ故、社員の名前や社員番号が分からなくても対応可能です。