クラウド連携型ではない人材管理システムの選定ポイント

人材管理システムってなに?

人材管理システムとは、人事担当の業務である採用や人材開発、勤怠管理や人材評価などを効率的に管理するシステムのことをいいます。企業は多くの従業員が集まって業務をおこない成り立つものなので、人事管理を適切にすることが企業の生産性や発展につながっていきます。人材管理システムには、クラウド連携型とオンプレミス型のシステムがあります。 クラウド連携型は、オンライン環境があれば、いつでもどこからでも人材管理業務ができます。サーバーの運用はすべて業者に任せることができるため、手間が省けることや、導入や運用のコスト削減がかなうところが魅力です。オンプレミス型は、自社でサーバーの運用を構築することができ、カスタマイズが自由におこなえるというメリットがあります。社内のオンライン環境を使用するため、自社のセキュリティポリシーに沿った環境を作れるので、情報漏洩などを防いで安全に使用できます。

オンプレミス型の人材管理システムの選び方のコツ

クラウド連携型以外の人材管理システムであるオンプレミス型を自社に導入する場合、どういったポイントを重視してサービスを提供している業者を選べばよいのでしょうか?オンプレミス型の人材管理システムを販売している業者を選ぶときは、失敗しないためにも、導入する目的を明確に決め、自社の特徴に合うサービス内容の業者を選ぶとよいでしょう。そして、システムのサポート体制がしっかりしているかも重視しておきたいところです。操作方法の質問などに対して迅速に連絡のやり取りができ、スムーズにシステムが使用できるかという点も確認しておきましょう。無料お試しサービスをしている業者もあるので積極的に活用し、操作のしやすさや、使い勝手が良いかというところもチェックしておくとよいです。