クラウド連携型でない場合のメリット

システムトラブルや不正から回避できる

クラウド連携型ではない人材管理システムを利用するメリットとして挙げられるのは、システムトラブルに影響されないことです。クラウド連携型人材管理システムは、利用できなくなることが珍しくありません。ネットワーク上の問題をはじめとして、クラウドのシステムトラブルなど原因は複数存在します。復旧まで時間がかかるため、その間人の手による人材監理を行わなければなりません。クラウド連携型ではない場合には、これらのトラブルによる手間やストレスから開放され、手軽に人材管理システムを作動できます。 また、不正に打刻する人材が登場する可能性を排除できることも、メリットのひとつといえるでしょう。ネット環境さえあれば打刻できるクラウド連携型と違い、不正が起こりようのない人材管理がおこなえるため、給料の支払いが適切となります。

企業ごとのシフトに見合った管理ができる

現在社内システムを独自に採用している企業にとって、クラウド連携型は不便な物となります。クラウド連携型が社内システムと連携できないため、業務の効率化を図ることができません。社内で独自のシステムを採用している企業の場合は、社内システムで人材管理システムを立ち上げて管理しているところも少なくありません。 従業員が夜勤・日勤などシフトによって入れ替わる場合、クラウドによる人材管理システムでは働き方に見合った運用ができないため、クラウド連携型ではないシステムを採用したほうがメリットが大きいです。社員の働き方に見合った人材管理が可能となります。また、労働基準法違反にならないよう適切に人材管理ができるため、社員の労働に見合った賃金を払えるでしょう。